previous arrow
next arrow
Slider

オンライン診療について

日田市医師会会長 膳所和彦

昨年末中国湖北省より発生した新型コロナウイルス感染症は、あっと言う間に世界中に広まり、私達の平穏であった生活を奪ってしまいました。人類はその英知を駆使してこのウイルスと戦っていますが、残念ながら収束の兆しは見えず、今後長期化する様相を呈して来ています。このような状況下、市民の皆様におかれましては医療機関受診に対しての不安もあり、やむなく受診を自粛されている方もおられるのではないでしょうか。私達医療従事者も患者さんを診察することで自分達自身が感染し、さらに院内感染を起こすのではないかとの不安を抱えながら日々診療を行っています。国はこのような医療不和に対処するため「オンラン診療」の見直しを行い、パソコンやスマートフォンなどの通信機器を利用することで簡単に診療が行えるようになりました。「オンライン診療」は元々遠隔診療を想定して活用されていましたが、ICT機器の普及に伴い2018年4月からはビデオ通話機能を使っての新たな「オンライン診療」が解禁となりました。

但し、この時の制度には①初診は対象外、②対象疾患は限定、③画面通信が必要などの条件がありました。しかしながら、新型コロナウイルス感染が拡大している状況を踏まえ、感染拡大が収まるまでの特例として、本年4月より①初診でも対応可能、②対象疾患は限定しない、③電話通話のみでも実施可能などの期間限定「オンライン診療」緩和策が導入されました。前述しましたように新型コロナウイルス感染問題は今後数か月持続し、収束するまでにはまだかなりの時間を要します。この改訂された「オンライン診療」制度を利用していただくことで、市民の皆様も安心して医療が受けられることになります。「オンライン診療」を希望される方は、別途掲載されております。
【CARADAオンライン診療】をご参照の上、是非手続きをお願いいたします。

オンライン診療可能な医療機関

医療機関名 所在地 電話番号
大河原病院 隈2-3-11 22-3131
五反田病院 若宮町395-1 23-8386
膳所医院 日田市本町8-32 22-3292
中川泌尿器科 上野町泉601-1 24-5255

令和2年3月26日 日田市医師会会長 膳所和彦

新型コロナウイルスによる感染者数は、3月26日現在世界では447,030人(死者数2,0599人)、日本(クルーズ船を除く)では1,314人(死者数45人)と増加しており、まだまだ終息の様相は呈していません。特に欧米ではすでに社会崩壊、医療崩壊が起こって来ています。幸い日本では比較的感染拡大が緩やかであり、死亡例も多くありません。大分県でも3月3日に第1例目の感染者が報告され、その後しばらく発症例を認めませんでした。しかし3月19日に突然臼杵市から1例の感染患者が発表され、以後同患者が入院していた大分医療センターを中心に医療機関内でのクラスター感染が瞬く間に拡散してきています。さらに他のいくつかの医療機関からも感染者の報告が相次ぎ、患者数は一気に25人となりました。このような医療機関では多くの医療従事者の感染も報告されており、診療の一時中止処置が余儀なくされています。この大分県内での爆発的感染拡大を踏まえ、さらに日田市の医療現場を守るため日田市医師会では緊急に対応策を検討いたしました。

(さらに…)

お知らせ